CHROMATOGRAPHY
CHROMATOGRAPHY, Vol. 33 (2012), No. 2, pp. 117-121
Symposium report
第2回バイオアナリシスフォーラムシンポジウムカンファレンス・レポート
―規制バイオアナリシスの国際調和と国内ガイドラインの状況について―
富樫一天1,2
Kazutaka Togashi1,2
1Steering Committee on Japan Bioanalysis Forum (JBF), Office: Third Section, Division of Drugs, National Institute of Health Science
1-18-1 Kamiyoga, Setagaya-Ku, Tokyo 158-8501, Japan
2Pharmaceutical Business Division, Pharmaceutical Analysis Osaka Laboratory, Sumika Chemical Analysis Service, Ltd.
1-135, 3-chome, Kasugade-naka, Konohana-ku, Osaka 554-0022, Japan
Abstract:
2012年3月8日、タワーホール船堀小ホール(東京)にて開催された、第2回バイオアナリシスフォーラム(Japan Bioanalysis Forum, JBF)シンポジウムの模様について紹介するとともに、Regulated bioanalysis における世界動向について報告する。
Keywords: regulated bioanalysis, bioanalytical method validation (BMV), Japan Bioanalysis Forum (JBF), JBF symposium.